支部長

ごあいさつ

支部長の羽田シゲルです。
この度は極真会館横浜港南支部のWebサイトにお越し頂き、誠にありがとうございます。

極真空手の創始者 大山倍達総裁が急逝し、その遺志を継ぐ二代目の松井章圭館長から支部設立の命を受け、1995年12月に横浜港南支部を設立いたしました。

高校卒業後に生まれ故郷の福島県から上京し、東京都下城西支部(当時)で修行していた私にとって、横浜は観光で訪れたことのあるだけの街であり、右も左も分かりませんでした。

そんな中、旧体制の本部直轄横浜道場で修行を積んでいた成田武治氏(現・横浜川崎支部長)や、吉祥寺道場の後輩で神奈川県出身の宍倉一太郎(現・横浜港南支部師範代)のサポートを受けることで京浜急行黄金町駅前に最初の道場を開設することが出来ました。

道場開設後の初期に優秀な道場生との縁に恵まれ、支部として好発進が出来たことは非常にありがたいことでした。

少年時代に空手バカ一代に出会い、大山倍達総裁の強さと生き方にひらすら憧れて入門し、ただ必死に稽古をして来ただけの私が、まさか後進の指導を任せられるとは夢にこそ描いたものの、人生とは実に面白いものだと改めて思います。

時代が変わっても、年齢、性別、職業が違っていても、強さを求めたい、自分に強くありたい、何かを修めたい。という気持ちが誰にでもあると思います。

それを極真空手に求め入門して来た人々を全力でサポートするのが私の役目だと思います。

このWebサイトは、入門を検討している方々やそのお父さんお母さんへの情報と、現在極真空手に打ち込んでいる道場生の活動をサポートするために有益な情報を提供するサイトとして作られました。

当サイトをご活用頂き、極真空手への理解を深めて頂くと共に、充実した修行生活を送って頂けたら幸いです。


支部長 羽田シゲルの略歴

横浜港南支部 支部長・師範 羽田シゲル

支部長 羽田シゲル 伍段 SHIGERU HANEDA

1967年11月23日、福島県郡山市生まれ。
‘84年に当時の極真会館福島南支部に入門。
 高校卒業後「より強くなるため」に上京し、黄金時代を迎えていた東京都下城西支部に移籍。

 城西・山田雅稔師範による指導をはじめ、近隣の道場にも出かけ、さまざまは師範より指導を受け大きく躍進する。
 直向きな努力を積み重ね、大きな体格に似合わない器用な組手で活躍する選手時代を送る。

‘95年松井館長より命を受け、横浜港南支部長に就任。
 支部開設3年後には、独自の指導理論を以って弟子・田中健太郎を全日本トップレベルの選手に育て上げ、‘99年には史上最年少の世界大会出場を果たした。(田中は2004年に全日本を制覇)
 その後も全日本大会で活躍する選手を多数育て続けている。

 現在、極真会館審判審議委員・大会運営委員としても活躍中。
 2006年3月に50人組手を完遂し、伍段を取得。


指導者紹介

支部長・師範…羽田シゲル 伍段

上大岡分支部長・師範代…宍倉 一太郎 弐段

本牧道場責任者・師範代…石田 充 初段

金沢道場責任者…山田 和昭 初段

筆頭指導員…平野 智也 初段

指導員…吉田 寿 初段
指導員…岸本 親幸 初段
指導員…神﨑 崇 初段
指導員…末永 英樹 初段
指導員…岩花 道久 初段
指導員…岩田 大 初段
指導員…黒川 和弥 初段
指導員…岩崎 真 初段
指導員…濱口 均 初段
指導員…渡部 流生 初段
指導員…田中 靖博 初段