ネイティブスピーカー(改定フルコンルール)

「I.K.O.フルコンタクトルール
いわゆる極真ルールは、
2016年6月に大幅改定に踏み切って、今年で丸3年が経とうとしています。

改定以前の試合は、我慢比べの要素が多く
選手同士の相性によっては単調な試合も少なくなく、
客席であくびをする人もチラホラ。。

このルール改定により、
格段に試合が面白くなったと言う感想を多くいただきます。

通常の道場稽古でも、
捌き、足掛け、押し、合わせ技など、
(高校生以上は)やれることが格段に増えましたが、

上級者であっても使いこなすの中々大変なようです。

ルール改定後に入門した初心者は、それらの技術はあって当たり前のようで、
まだ上手にとは行きませんが、違和感なく取り組めているように思います。

まるで大人になってから英語を勉強した人と、
英語圏で生まれ育ったネイティブスピーカーとの違いのようです。

初心者が活き活きと稽古

人間の能力は、
才能✖️努力と言いますが、
それに加え、環境も大きく関わってくると思います。

これからどんな空手家が育って行くかが楽しみです。

ルール改定の内容を大まかに書くと、

  • 単発の押しが有効になった。(高校生以上のカテゴリー)
  • 使える捌きが大幅に増えた。(高校生以上のカテゴリー)
  • 足掛け・足払いなどで相手を転倒させて残心を示せば技有り。
  • 上段蹴りをクリーンヒットして残心を示せば技有り。
  • 倒れた状態からの反撃(下からの蹴り上げなど…)が有効になった。(高校生以上のカテゴリー)
  • 場外に出ると反則
  • 挨拶や服装などが反則の対象になった。

「I.K.O.フルコンタクトルール」について詳しくはこちらをご覧下さい



今日のブログはここまで
お読み戴き、ありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、5月のWeb特典で入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら


道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手発売中!

☆極真会館の機関誌「ワールド空手5月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込 900円)



☆こちらも是非お読み下さい。

2019年、松井章奎館長より新年のご挨拶(総本部公式サイト)

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:799 t:1 y:0