極真空手で培えるものは、
身体の強さ・礼儀作法の習得はもちろんのこと、
集中する力、我慢する心、目標に向かって諦めない気持ち、
人への思いやりなど、「人として大切な根っこ」だと思っています。

例えば、畑の土をしっかりと耕しておかないと、
どんな良い種や苗を植えても作物は育たちません。

極真空手の稽古は人としての土壌を育て
生きる力をつけることを目的としています。

そうして培った『人として大切なもの』は、
お子さんの勉強や学校生活、大人になってからの
社会生活に必ず役立つものと信じています。

私たち極真会館の指導者は
「子どもを大切にすることと、甘やかすことは違う」
また
「褒めること・おだてることも違う」
と考えています。

道場では、子どもたちが間違ったこと・道理に反したことをすれば注意します。
必要とあらば厳しく叱ることもあります。
それは子どもたちの未来を大切に考え、成長を願うからこそです。

同時に、出来ないことは少しずつ上達するように導き、
そして頑張れたとき、上達したことには認め、褒めることを惜しみません。

幼稚園や小学校に比べたら確かに厳しいと思いますが、
武道に特化した教育の場だからこそ出来ることだと思っています。

人としての大切なことを育む極真空手の稽古  礼節・身体の強さはもちろん、集中力・忍耐力・思いやりなど、人としての根っこを育てる

誰でも、新しいことに挑戦しようとする時は緊張や不安は付きものです。
大人であれば、その意義や目的を理解し自分で消化することが出来るでしょう。

しかし、子どもたちはそれらを十分に理解出来ず、
緊張や不安という感覚だけで尻込みしてしまいがちです。

そんなときは、お子さんが最も信頼しお子さんの事を一番知っている
お父さんお母さんが、入門の意義や目的などを教え導き、
背中を押してあげて下さい。(無理矢理過ぎるのも良くありませんが・・。)

稀に、親御さんが「子どもに決めさせる」という考えで
お子さんの道を閉ざしてしまうケースも見受けられます。

入門当初に真面目な子にありがちなのが
「難しそうだなぁ、出来るかな・・。」
という不安からの尻込みです。

そんなときは
「最初から出来る人はいないよ」
「最初は何も出来なくて当たり前だよ」
「少しずつ出来るようにすればいいんだよ」

などと声を掛けてあげることでお子さんの気持ちは
救われて挑戦しやすくなるようです。

また、入門して暫くは、稽古が新鮮で面白く感じる時期ですが、
その後には稽古が窮屈で単調に感じ始めます。

上達に応じて求められることのレベルも上がり、
時には厳しい稽古が課せられたり、叱られたりして、
空手が嫌でつまらなく感じるときもあるかも知れません。

そんな時は、なぜ極真空手に入門したのか、
日々の稽古を通じて何を目指し、
どんな自分になるために道場に通っているのかを
振り返り確かめる手助けをしてあげて下さい。

お子さんの最高の理解者であるお父さんお母さんのサポートは、
必ずお子さんの心に届きます。

保護者の方々と私たちは、子どもたちの成長を願い
それをサポートするという点では同じの立場にあると思っています。

極真会館の理念・活動方針をご理解の上、
私たちと目線を同じくしご協力頂くと共に、
稽古をしながら生じるご質問・ご相談も遠慮なくお尋ね下さい。

将来たくましく成長したお子さんが、お父さんお母さんに
「あの時は、やりたくないと思ったり、
やめたいと思ったこともあったけれど、
僕(わたし)のために極真空手を選び、
そして続けさせてくれてありがとう!」

と言ってくれる日が来ることを信じています。



この度は極真会館横浜港南支部公式ウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。

このご縁が実り、極真空手がお子さんの成長のお役に立てれば幸いです。

国際空手道連盟極真会館 横浜港南支部

支部長・師範 羽田シゲル