インフルエンザ・感染症の予防対策について


極真会館横浜港南支部では、インフルエンザ及び各種感染症の拡散予防のために、以下の通りガイドラインを定め、道場から感染を広げない様努めたいと考えております。

一人ひとりが配慮に努めることで感染拡大を防止出来る様、ご協力をお願い致します。

                  極真会館横浜港南支部 支部長 羽田シゲル

※下記ガイドラインでは、インフルエンザを例に記載しています。
それ以外の感染症についても同様の対応をお願い致します。


道場生

インフルエンザになってしまったら熱が下がっても2〜3日(又は発症から5日)は菌を持っている可能性が高いので稽古参加を自粛しましょう。

稽古再開には必ず医師の指示に従って下さい。

クラスが学級閉鎖になった場合は稽古参加を自粛しましょう。

家族が感染した人は稽古参加を自粛しましょう。

咳がひどく、熱がある等、感染の疑いがある場合は、稽古参加を自粛し医師の診断を受けましょう。


保護者・見学の方

以下に該当する方はご注意下さい。

重症になりやすい、喘息等の呼吸器疾患、糖尿病、妊婦の方は、インフルエンザが流行している時期には見学を控えましょう。又はマスク等感染予防をして特にご注意下さい。

家族に感染者がでた場合は見学をご遠慮下さい。


指導者の感染した場合

指導者が感染した場合には、急きょ稽古を休みにすることがあります。
その場合、登録されているメールにお知らせします。

※事務局のアドレス( @kyokushin-yokohama.com )からの受信を許可する設定になっていることをご確認下さい。

メールアドレスの変更はこちらのフォームでお知らせ下さい。


その他

インフルエンザの予防で1番大切なのは、免疫機能を上げることであることを忘れてはなりません。

予防接種、マスク、手洗い・うがいだけに頼らず、免疫機能を上げるための食習慣・生活習慣、そして稽古で強い身体を作りましょう。


以上、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。