嬉しい紹介入門(本牧道場)

先日、本牧道場に入門した小学2年生。
入門申込書の裏面にある、入門のきっかけの欄には「友人知人からの紹介」にチェックが。
紹介者の欄に書いてあった名前を見てびっくり。

本牧道場開設当初に通っていた女の子の名前が書いてありました。

少年部稽古風景

1999年5月に開設した本牧道場の、
開設間もない時期の道場生で、
当時3〜4年生くらいだったと記憶していますので、

今では、20代中から後半。
きっと素敵な大人女性に成長していることでしょう。

空手はやめてしまったけど、空手を習いたい近所の子がいた時に、
当道場を勧めてくれることが非常に嬉しいのです。

こういう繋がりを感じるとき、楽なことばかりじゃないけど長年道場を続けて来て良かったと思います。

出来ることなら、入門した道場生の全員が、生涯極真空手を続けて欲しいですが、

何らかの事情で空手を続けられなくなった場合でも、誰かに横浜港南支部の道場を推薦してもらえるよう良い道場・良い活動を心がけて行きたいです。


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

☆是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」



羽田師範のBlogトップへ




a:877 t:1 y:0