目指せチャンピオン(横浜本部道場・少年選手クラス)

横浜本部道場、金曜日の少年選手クラス。
参加者は小学1年生から6年生までの、
大会で優勝を目指すメンバーで行っている稽古です。

スパーリング稽古風景

試合で勝つことが空手のすべてではありませんので、
通常の稽古では基礎の稽古から応用(実戦)まで、
バランス良く組み込んでいますが、

試合で勝ちたいという目標を持つ道場生がいるなら、
それを叶える特別なクラスを設けようと思って作ったクラスです。

現に支部内試合(港南チャレンジ)を皮切りに、
県大会から国際親善大会や極真祭(少年全日本大会)で活躍するのは、
このクラスの参加者がほとんどです。

厳しいメニューに打ち込む!

参加はメンバー登録された者だけの特別クラスですので、
原則として毎週休まず参加、
遅刻・欠席の場合は、事前連絡が義務付けられています。

稽古時間は、通常の少年部の1.5倍の90分。
内容は試合で勝つことに特化したキツいものです。

サポーターは全て装着が義務

ヘッドガードも全員使用義務

しかし、子どもたちは汗をビッショリとかきながらも、
楽しそうに稽古に打ち込みます。

そして、終わったら後は目を輝かせて帰って行きます。

みんな今週もがんばっていました!


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

☆是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」



羽田師範のBlogトップへ




a:1630 t:1 y:0