セミコンタクトの組手競技を初開催(支部内試合・港南チャレンジ)

すっかり秋めいて、四季を満喫できることに感謝したいです。
四季の無い国は、さぞつまらないだろうと想像してしまいます。



さて、
11月3日(土)に開催する、
第33回支部内交流試合「港南チャレンジ2018秋」で、
セミコンタクトルールの試合を追加することが決まりました。

IMG_7266 2

よって、今回から

  • フルコンタクトのビギナークラス
  • フルコンタクトのチャレンジクラス
  • セミコンタクトクラス
  • 型競技ビギナークラス
  • 型競技チャレンジクラス

以上5つのカテゴリーが開催されます。

  • どのような試合が見れるのか。
  • セミコンタクトを経験した選手がどう進化するのか。

楽しみです。

審判・運営についても、頑張らないといけません。



今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

☆是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:1901 t:3 y:0