基本稽古のごとくミットを打ち込む(戸塚道場・月曜日)

11月最後の月曜日。
年内最後の審査会も11/17に終わり、
先週土曜日には昇級・昇段者も発表されました。

戸塚道場から新たに2名の昇段が決まりました。
入門からここまで良く頑張ったと思います。
今後益々の精進を期待します。

と言うことで、一段落したこの時期は、
普段とは違う時間配分で稽古をしてみました。

合同稽古(初心者・一般・壮年・女子・青少年)では、
ミット打ち中心の稽古をしました。

テーマは、
「基本稽古のごとくミットを打ち込む」


基本稽古のごとくミットを打ち込む


ただガチャガチャと打つことをせず、
どのように構え、どのように打つか。
間合い・手足の運び・体重移動・姿勢など

基本稽古のごとくミットを打ち込む



一本打ったらそれらをフィードバックし、
それをもって次の一本を打つ。


このじっくりと技を作るミット稽古に、
90分の稽古時間のうち、60分を費やしました。

こうした稽古が基本稽古・型稽古にも活きることを願います。


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

☆是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:1513 t:2 y:0