オフシーズン(少年選手クラス)

横浜本部道場・金曜日の
少年選手クラス、青少年選手クラスでは、
オフシーズンの稽古として、

補強運動、じっくりとミットの打ち込み

を中心に稽古しました。


ミットの打ち込み


極真会館の関東地区では、
年内の大会が全て終わり、
オフシーズンと呼べる季節に入りました。

(横浜港南支部が参加する大会は12月9日の西日本大会が残っていますが。。)

空手修行にシーズンオフはありませんが、
競技選手という側面に限っては、
日々の稽古にメリハリをつける意味でも
オフの期間があって良い面もあるのではと思います。

プロのスポーツ選手にはオフシーズンがあり、

「オフシーズンの過ごし方が次のシーズンの成績を決める」

と言われるほど大切な位置付けです。

その時期にやることは、

  • 体力強化・肉体改造
  • 身体のメンテナンス
  • フォームの改造

などでしょうか。

極真空手家もこの時期に、

  • 体力強化
  • 身体のメンテナンス
  • 技の改善とスケールアップ
  • 空手への向き合い方

をして行きましょう。

選手クラスに限らず、当面はそんな稽古をしっかり行い、
笑顔の春を迎えたいと思います。


大会入賞選手を囲んで


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

ワールド空手発売中!
☆極真会館の機関誌「ワールド空手1月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込み950円)

☆こちらも是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:1949 t:1 y:0