初めてのアルバイト

季節はずれの暖かな昼に、
ふと初めてやったアルバイトのこと思い出したので、
ブログに書きます。

それは小学3年生のころ、
近所の公園に紙芝居のおじさんが、
自転車の後ろに大きな木箱を積んで来ていました。

不定期でしたが、
週に2回程度は来ていたのではないかと思います。

ある日、紙芝居が来たことを報せる拍子木が鳴りましたが、
その日の私はおこずかいが底を尽いていました。

紙芝居は、おせんべい・水あめなど、
何かを買わなければ観てはいけません。

懐かしい紙芝居

私はおじさんに、
「今日はお金を持ってないけど見ていい?」
と相談すると、

おじさんは、
「じゃあ、この拍子木を鳴らして町内を一周してくれたら観ていいよ。」
と言ってくれました。

そうして私は人生初のアルバイトをしました。
一周して帰って来た私におじさんは、

「ありがとな、これを食べて紙芝居を観なさい」
と言って、
水飴を挟んだおせんべいをくれました。

あの嬉しさと甘さは、今でも胸に残り続けています。

昭和。

人情味のある良い時代でした。


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

ワールド空手発売中!
☆極真会館の機関誌「ワールド空手1月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込み950円)



☆こちらも是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:2278 t:1 y:0