難しいから、おもしろい

戸塚道場の幼年・少年部で、
後ろ回し蹴りの稽古をしました。

後回し蹴りにチャレンジ!



私が「今日は難しいことに挑戦してもらうぞ!」
と言うと、ちびっ子たちの目が輝きます。

子どもたちはチャレンジ精神と好奇心の塊ですね。

初めて挑戦の子が3分の2ほどでしょうか。
難しいそうにしていましたが、楽しそうに取り組んでいました。



急に上手に蹴ることは出来ませんが、
先ずはやってみて、
新しい身体感覚の引き出しを作っておくことで、
後々上手にな蹴る下地になると思います。

ちょうど植物の種を蒔く感じでしょうか。



チャレンジは子どもの特権ではありません。
大人も挑戦を忘れずに稽古しましょう。
(怪我の無いように)


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

ワールド空手発売中!
☆極真会館の機関誌「ワールド空手1月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込み950円)



☆こちらも是非お読み下さい。

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:831 t:2 y:1