第9回金太郎杯(2019神奈川県大会新人戦)無事閉会

2019神奈川県大会新人戦「第9回金太郎杯」が、
3月31日(日)に小田原アリーナで開催されました。

大会パンフレット

主催した極真会館西湘支部の支部長を始め、
役員・スタッフ・関係者の皆さん、
今年もありがとうございました。

IMG_8634.JPG

結果は
優勝1名、準優勝1名、第3位4名。

40名出場し、入賞が6名。

昨年が8名入賞でしたので、
一歩後退です。

IMG_8636.JPG

新人戦のレベルが上がったようにも見えましたが、
選手たちの稽古への取り組み、
指導陣のアプローチなどを反省し次に繋ぎます。

選手はもちろん、会場でセコンド・応援として
一緒に戦ってくれた方々、
そして、審判へ協力してくれた有段者の皆さん

お疲れ様でした。
ありがとうございました。

入賞者の誇らしげな顔

以下、表彰式後の集合挨拶で話したことを備忘録として書いておきます。

・緊張するのは、この日に向けて稽古を頑張った証拠なので、緊張は悪いものではないが、緊張し過ぎないようにしよう。

・試合に臨むにあたって1番避けたいのが「迷い」である。
ここまでして来た稽古を信じて肚を決めること。

・極端な言い方をすれば、今日の試合の結果は今日決まるのではなく、日頃の稽古で決まりつつあるもの。
試合は日々の稽古で積み重なったものが姿を現す機会と言える。
試合で出来なかったもの、足りなかったことは、日々の稽古の量・質を振り返る必要がある。


極真会館横浜港南支部では、
春からの入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら


今日のブログはここまで
ご覧いただきありがとうございます。

ワールド空手発売中!

☆極真会館の機関誌「ワールド空手5月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込 900円)



☆こちらも是非お読み下さい。

2019年、松井章奎館長より新年のご挨拶(総本部公式サイト)

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:568 t:5 y:2