お金の先にあるもの

給料、小遣い、代金、運賃、会費、参加費、ご祝儀、香典、お見舞金、寸志など…。
お金はその用途によって呼び方が数多くある。

「名は体を表す」という言葉の通り、
その名付け方で、お金に意味付けが決まるのだと思う。

我々はお金を使うことで欲しいものを手にし、したい事が出来る。

また、愛情・感謝・祝福など、形の無い「思い」を伝える手段としてもお金は使われる。

言い換えれば、お金に「氣」を乗せて送っていることになる。

東日本大震災の被災地へ送る「義援金」もその名の通り、
条理から生じた支援の気持ちをお金に込めて届けているのだと思う。

きっと我々は、お金そのものが欲しいのはなく、
''お金で交換出来る物や体験、お金があることで得られる安心が欲しいのだろう。
''
極真空手の創始者・大山倍達総裁の言葉、
金銭は尊いものだが、決して執着してはならない」は、

お金自体よりもそれを通して得られる「モノやコト」が尊いものであることを意図しているのだと思う。

また、大山総裁は、
君たちは自分の外に財産を作るよりも、自分の中に財産を築かなくてはならない、それ財産は誰も盗むことは出来ないよ。

とも言っていた。
本当の意味での豊かさを改めて考えたくなった。


2011年8月発行の道場新聞「港南瓦版31号」に掲載

今日のブログはここまで
お読み戴き、ありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、5月7日からWeb特典を実施して入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら


道場生・保護者のみなさんからの声

横浜港南支部Webサイト内に掲載中の「支部長コラム」はこちらでお読み頂けます。

ワールド空手発売中!

☆極真会館の機関誌「ワールド空手5月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込 900円)



☆こちらも是非お読み下さい。

2019年、松井章奎館長より新年のご挨拶(総本部公式サイト)

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:4207 t:2 y:3