ウサギとカメ(ゴールだけ見ろ)

童話「ウサギとカメ」の話の一般的な解釈は、
「能力のある者が油断して怠けていた結果、能力には劣るけれどコツコツと頑張った者に負けた。」
というものだろう。

しかし先日、広島支部の小田師範のブログにそれとは違う本質的な解釈が書かれていたので、
小田師範の許可を得てこのコラムに引用させて頂くことにした。

ウサギがカメに負けた敗因は
「ウサギはカメしか見ていなかったけれど、カメはゴールしか見ていなかった」
とのこと。

これは、あらゆる物ごとに取り組むときに心しておくべきことだと思う。

例えば…

  • 稽古で立ち会う相手にだけ対応する組手になっていないか?
  • 帯の色を変えることばかりを昇級昇段審査の目的にしていないか?
  • 目的の学校に入ることだけを勉強の目的にしていないか?

など、例を挙げればキリがない。

  • 組手の稽古の先にある「自分が目指す組手」は何なのか…。
  • 昇級昇段の真の目的は何なのか?
  • 何のために勉強をするのか?
  • 何のために仕事をするのか?

物ごとに一生懸命取り組むときにこそ、
目先のことに目が行き、視野が狭くなりがちになる。

自分が本当に目指すところを見失わないよう、
この「ウサギとカメ」の話を時々思い出して欲しい。

私も部屋の壁に「ゴールだけ見ろ!」と貼り、ブレやすい自分を戒めることにした。


2012年2月発行の道場新聞「港南瓦版33号」に掲載


今日のブログはここまで
お読み戴き、ありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、5月7日からWeb特典を実施して入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら


道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手発売中!

☆極真会館の機関誌「ワールド空手5月号」発売中!
購入は道場または書店で!(税込 900円)



☆こちらも是非お読み下さい。

2019年、松井章奎館長より新年のご挨拶(総本部公式サイト)

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【前編】「鍛錬の欧米化も良し悪し」と語る、その意味は

松井章奎館長が語る、極真空手の現在地【後編】「極真らしく、社会意識・環境の変化へ対応していく」

週プレNEWS(集英社)『50 代の☆リアル体験入門 ドラゴン先生格闘ロード』に極真空手が登場!



羽田師範のBlogトップへ




a:1699 t:1 y:0