力は抜いて、手は抜かない

こんにちは、極真会館 神奈川横浜港南支部 支部長の羽田(はねだ)です。

今日の横浜の現在の気温は暑がりの私には春の陽気に感じる「14℃。」
冬でもこれが普通だったら日本はとても住みやすい国なのですが。。


今日のブログは、先日SNSで出会った言葉について書いてみます。


「力は抜いて、手は抜かない」


力は抜いて、手は抜かない

良い言葉です。


これはB’zのボーカル稲葉浩志さんの言葉で、
お正月のSNSサーフィンで出会いました。

仕事をしていくうえで大切な事は何だと思いますか?
という問いに応じての言葉です。

さすがの名言ですが、
これは仕事にかかわらず、
あらゆる物ごとに取り組む時に
肝に命じておきたい言葉です。

裏を返せば、
程よく力を抜きながら、
肝心なところは手を抜かず出来れば一人前。
という事でしょう。

空手の稽古でも同じことが言えます。

力の強弱とは、、力を抜く場所・抜く時、
しっかり力を発する場所・時を指します。

初心者はそれがチグハグで、
上級者はそれが出来てきます。

組手稽古で、先輩が後輩に胸を貸す場合でも、
力はコントロールしても、ダラダラと気を抜かず、
質の良い動きで対するように指導していますが、

これこそ、
力は抜いて、手は抜かない
という言葉で過不足なく伝えられます。

(少年部のちびっ子にはもう少し説明を加える必要がありますが。。)

さすが、アーティストの感性から出る言葉は、洗練されています。



今日のブログはここまで お読み戴きありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、2020年 1月のWeb特典で入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら

道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手販売中!

各道場または書店にて!(税込 980円)

羽田師範のBlogトップへ




a:240 t:1 y:5