最大のドン引き体験(空気を読まなかった若かりし日)

世界は「使われなかった人生」であふれてる(著:沢木耕太郎)

私の使われなかった人生のお話。


私の貴重なサラリーマン時代は以前のブログ「静的疲労の解消法」で少し書きましたが、

今回はその貴重なサラリーマン体験をさせてくれた会社を辞めた時の話です。

入社して3ヶ月が経とうとしていた頃、
会社が立派な会場で「新入社員歓迎会」催してくれました。

そこで数人いた新入社員が順番で挨拶をしました。
いよいよ私の番が回って来ました。

IMG_1056.jpg

その挨拶で私は突然、

すみませんが、この会社を辞めたいと思います

と、まったく空気を読まないことを言ってしまいました… (^_^;)

その決断は、前もって誰にも相談せず、
勢いだけで発した言葉でした。

ドン引きとはこのことを言うんだなと思うほど、
空気がさぁーっと引くのが見えた感じでした。。(汗)



会社を辞めた理由は、

直属の上司が20年先輩なのに、
やっている仕事が、入りたての自分がやっている事を上手にやっているだけだった。

このまま20年勤めた末の自分の姿がこの係長なんだ

と思ったとき、

自分には出来ない

という心の声がして、それに従ったと言うところでしょうか。

と言えばカッコいいですが、
若気の至りで自分の可能性に見切りを付けられない
愚か者だったのでしょう。

社長からは
「君には期待していたのに残念だ。」
と言われました。

快く雇って頂いたのにもかかわらず大変申し訳無いことしました。

とてもアットホームで、
社長を始め、役員・社員の皆さんも優しい良い会社だったと思います。

あのまま勤め上げていたら、自分は今ごろどうしていただろうかと時々妄想します(笑)



今日のブログはここまで お読み戴きありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、2020年 1月のWeb特典で入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら

道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手販売中!

各道場または書店にて!(税込 980円)

羽田師範のBlogトップへ




a:1123 t:2 y:0