入門記念撮影

入門した日のことは何年経っても忘れない新鮮な記憶です。


記念すべき入門初日。

その日は、入門者(保護者)には稽古開始の30分前に来てもらいます。

そこで、

・書類の手続き

・道着の着方、サポーターのつけ方など

・挨拶や道場の決まりを説明

・入門者または保護者の方からの質疑応答



などをします。

そして最後に、

初めて空手着を着た姿を写真に残しましょう!」

とお勧めします。

恐らく常識ある皆さんは、これから心身を鍛える道場を大切に思うからこそ、

「撮りたいけど、撮っていいのかな。。?」

と考えてくれるのでしょう。



そのタイミングで私が、稽古場の神前をバックに撮ることがお勧めすると、
全員が嬉しそうにスマートフォンを取り出して撮影します。

私も、その感動の場面に立ち会える幸せを噛み締めながら見守ります。

感動の入門記念撮影

将来黒帯を締め逞しい空手家になったとき、
この日に撮った初々しい姿を見て欲しいです。

極真空手を長く続けて行けば、
キツいことや一次的に意欲が落ちることもあるかも知れませんが、

この日の意気込みを時々思い出し、
極真空手との縁を初志貫徹をして欲しいと心から願い
サポートして行きたいと思います。



今日のブログはここまで お読み戴きありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、2020年 2月のWeb特典で入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら

道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手販売中!

第11回神奈川県大会 横浜カップ2019の記事も掲載されています。

各道場または書店にて!(税込 920円)

羽田師範のBlogトップへ




a:482 t:1 y:0