第97回昇級審査会

審査会は指導する私たちにとっても振り返りの機会です。


2020年最初の審査会となる、
「第97回昇級審査会」を、2月11日(建国記念の日)に実施しました。

約5時間に渡る長時間の審査に参加した、
受審者・保護者の皆さん、大変お疲れ様でした。

特に年少・年中・低学年の道場生にとっては、
この長時間は大変だったと思います。

お父さんお母さん、たくさん褒めてあげて下さい。

今年秋には第100回審査会を迎えます。

1回の審査会でも、多くの方々の協力を得て開催されるものですが、
それを25年間かけて100回積み重なるという重みを感じ、
更に意義あるものに昇華できるよう精進して行きたいと思います。

そして、これはいつも準備・運営に快く協力してくれる、
有段者・上級者有志への感謝を忘れずに進みたいと思います。


審査会をただ帯の色を変えるだけのものにはせず、
自分の稽古を振り返る節目にして欲しいと思います。

今回は、昨年の夏から秋に入門した、
白帯道場生が多く受審しました。

特に、ちびっ子たちは、
初めて自分の力を試される緊張の場に立った子も、
多かったとことでしょう。

また、会社や職場では高い立場に就く壮年部の白帯道場生が、
極真空手では、真っ白に戻り真っ直ぐに取り組む姿に感動を覚えました。

正に老若男女が、それぞれの修練の節目とした充実の審査会でした。
今日の機会を空手人生の良い節目にして、明日からの稽古に邁進しましょう。



以下、審査会ダイジェスト。

P1011562.JPG

開会式、私から受審者への短い話と、司会者から審査会に際しての注意事項を伝えます。

P1011608.JPG

基本審査。技量はもちろん、気合、目線も大切です。

P1011688.JPG

帯ごとに移動審査。

P1011802.JPG

P1011755.JPG

P1011856.JPG

型審査。基礎稽古の集大成。

P1011909.png

筆記審査。極真の理念も大切な審査。中学生以上は全員、級位ごとの問題。少年部は黄色帯以上が実施。

拳立て伏せ

補強、柔軟審査。

幼年同士の組手

組手審査。ちびっ子から壮年まで緊張感ある組手。力み過ぎて注意を受ける受審者も…(汗)

女子の組手
壮年部組手審査

P1022626.JPG

上級者の連続組手



今日のブログはここまで お読み戴きありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、2020年 2月のWeb特典で入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら

道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手販売中!

第11回神奈川県大会 横浜カップ2019の記事も掲載されています。

各道場または書店にて!(税込 920円)

羽田師範のBlogトップへ




a:310 t:1 y:1