何でもノート

でも、手書きはやめられない。


数年前から始めた「何でもノート」を更新しました。

IMG_1234.jpg



「何でもノート」で決めていることは、


・新しいノートを使い始める時に、おもて表紙に日付を書く

・その日の書き始めに日付を書く

・書く内容はスケジュール以外、何でも書く、
学んだこと、感じたこと、企画・アイデア、記録、今日の出来ごと、名言…
(スケジュールはディジタル管理に統一)

・あまりキツキツに書かず、余白を多く空け、ページをケチらない。

・使い切ったら、おもて表紙に日付を書く

・お正月の休みの日に、書いたノートを読み返して振り返る



ディジタル時代であっても、
やはり手書きはやめられないです。


今まで色々と試しましたが、私にはこのやり方がシンプルで分かり易いため、続くようです。

自分の目標や考えを、頭の中だけに置いておかず、
紙に書きとめて、吐き出しておくことを「思考の外在化」と言うそうです。

紙に書き移すことで頭に空きスペースが出来るような気がします。

明日からの新しいノートが楽しみです。



今日のブログはここまで お読み戴きありがとうございます。

極真会館横浜港南支部の各道場では、2020年 3月のWeb特典で入門者を大募集中!

今月のWebサイト特典はこちら

道場生・保護者のみなさんからの声

支部長コラム

ワールド空手販売中!

第11回神奈川県大会 横浜カップ2019の記事も掲載されています。

各道場または書店にて!(税込 920円)

羽田師範のBlogトップへ




a:476 t:1 y:1